50歳からのフードデリバリー配達員

あなたは50歳以上ですか? はい/いいえ 

人感センサーライトに翻弄される配達員

地図に道も載ってない新築エリアの戸建てドロップ。

家の色と柄もメモに書いてあったけど夜間につきイマイチ分からん!

「一番奥の左」という条件に合致したお宅に近づくとビームが照射されたので


f:id:blogist:20240303091828j:image

「『ここでオッケーです!』の合図」

もしくは

「インターホンの向こうで注文者がガン見している」

のどちらかのパターンだろうと思って安心しかけたが、よくよく見ると単なる人感センサー付きライトだった。

 

途端に不安になり表札なり住居表示なりを確認したいもののビームが眩しすぎて全然分からん!


f:id:blogist:20240303091959j:image

のでテキストメッセにて「念の為の確認ですが駐まっている車は○○ですか…?」と社名で確認すると(外車だった)「そうです!」ということで特定完了。


f:id:blogist:20240303091600j:image

…にしても攻撃的な高輝度LEDの水平照射は勘弁してほしい〜!

 

因みに写真では分かりづらいですが商品はバーミヤンの回鍋肉弁当です。

 

 

 

チャットボットボットにコケにされる配達員

最近ウーバーダイレクト案件(マックデリバリー(以下「MD」)、セブンNOWなど)でピンズレが多い気がする(言うてサンプル数3〜4)。

今回は住居表示は客メモと地図ともに一致していたのにそこは実際には建物無し(グーグルマップ側の問題か?)。

サポートに連絡してみると…

f:id:blogist:20240302104004j:image

取り急ぎチャットボットにあしらわれてしまった。

エージェントに辿り着ける予想待機時間4分…

こちとら4分も待てないお年頃(4分で繋がるのかもアヤシイし)。

そして
「もちろんです。」
と意味不明に肯定されるのも不気味…

なので取り急ぎ建物名で検索してみたら小さめの2ブロック程先に該当マンション発見。
無事ドロップ完了し「返送」は回避された。

その後サポートから「何か用?」的な返信が来たが「今頃遅いよ!」と思いつつも
「最近ピンズレ多くない?」的な返信をすると
「この件完了してるみたいだけど?このチャットは進行中のトラブル専用だから、まだなんか用があるんだったらメールで別の部署に引き継ぐけどどうする?」的な返答が来て、イラッ…!

 

 

マンション入り口で個人情報について考える配達員

フーデリドロップで訪れたとあるマンションの受付窓口(ちっちゃ!)


f:id:blogist:20240302094817j:image

この時は閉鎖中だったけど記入用紙は出たままになってるパーターンのやつ。

今回フーデリは関係なかったけど、工事やら整備やら納入で訪れた業者の担当者の電話番号がフツーに曝されてるって事?

なんかヤだなぁ…(-_-;)

 

フーデリでもモールやタワマンの入館で防災センターとかの受付で名前と電話番号書かされることあるけど、正直警備会社の末端のセキュリティーなんてアテにならないのですっごくヤだったりします…!

 

ちょっと話飛ぶかもだけど関連性のある話題として改善されるまで何度でも言いたいんだけど、例えば宅配便のトラックにドライバーの実名を掲示させたり店舗のスタッフに実名の名札をつけさせたりって、酷い人権侵害だと思う。

シフトの情報は管理されているのだから、仮にトラブルが発生しても実名でなくて例えば番号やコードネームでも履歴は追えるでしょう?

発生するかどうかもわからないトラブルの現場担当者特定のためにスタッフの個人情報ダダ漏らしって…ものすごくバランスが悪いという事に世間が気づいてサッサと改善されることを期待します…!

 

デイサービスのトレーニングマシンをこっそりと 直す 遊び

勤務しているデイサービスの設備が次々と壊れ、それを私の経験に基づいたDIYテクニックでその場をしのがせる、ということが続いている件。

 

今回は 「リカンベント」と呼ばれる自転車こぎマシン。

ペダルに足を固定するベルトがぶっちぎれてしまったとのこと。

ベルトは軟質ビニールのような素材。

まあ大体劣化して硬化してぶっちぎれるパターンのヤツ、ですね。

他のスタッフが とりあえず ちぎれたベルト同士をホチキスで繋ぎその部分を パワーテープでグルグル巻きにして急場を凌いでいるという事なので、取り急ぎ そのまま静観。

事業所には道具も材料も限られているので 下手に手を出してしまって解決できないとかまたすぐに壊れてしまったりとか「黒星」が増えてしまうとメンタルがダメージを被ってしまうので何にでもホイホイ首をツッコむわけてはないのだ。

豆腐メンタルはフラジャイルなのだ。

 

ところが 翌週 出勤してくると、ちぎれたベルトは撤去され代わりに1m は あろうかというマジックテープで固定するタイプのベルトが取り付けてあった。

(↓こんな感じのもの)

 

そのベルトをローマサンダル みたく 交差させて ペダルに足を固定して使っているとのこと。

(↓イメージ)

f:id:blogist:20240223110123j:image

ちぎれたベルトを見てみると、事務所に有りがちな大きめのステープラーが6本打ち込んであるものの用途が違いすぎてアッサリ撃沈、ということらしい。

 

巻いてあったパワーテープも実力を発揮できるようなケースではなくただ単に粘着成分が残ってベタベタしまうという残念な爪痕を残してしまった。

 

メーカーに問い合わせるも既に生産終了しているモデルで該当部品の在庫も終了しているとの事で代替品を探している状態とのこと。

 

1日にそのマシンを使う回数もかぎられてはいるし自分が「ローマサンダル」をセットするハメになるとはかぎらないものの、ムダに伸縮するベルトなので締付け加減もわからないし、利用者目線でも「ナシ」だな…と思ったので暫しヤッツケの解決策を思案。

 

(アニメの一休さんの「ポクポク…チーン」のフェーズ)

切れたベルトを見るとペダルにある固定フックに掛ける穴を新たに開けるだけのスペースがあるではないか。

とはいえ分厚い軟質プラスチックのベルトに

穴を穿つような道具があるか?

自宅に戻ればドリルで2つ穴を開けて間を切り取ればもともとあった楕円の穴を生成することができるんだが…

あれ、そういえば…穴開けパンチでイケるんじゃ?しかしこの厚みがパンチの隙間に入るのか…ムリじゃね?

と思いつつも当ててみると…見事にピッタリと収まった!

そうか…家庭用の数枚用とは違って事務所用のは分厚い書類束を穿つので許容幅が広いのだった。

位置合わせのために穴開けポイントにフェルトペンで印をして、パンチの裏蓋をオープン。

このとき大量の小さな円形の紙片をバラ撒くというありがちなアクシデントはガムテで何事も無かったかのようにサイレントモードで処理。

裏蓋のない状態のパンチ穴から印を付けた2箇所をパンチ(オン、オン!)。

 

2つの穴に挟まれた部分をニッパーで切除して加工ミッションコンプ!

 

翌週出勤して来たらまたローマサンダル方式に戻っていた…やっべ、なんかミスったか?

 

見てみると今回生成した穴の相方となるフックは「固定側」なので外れにくい必要があるのでカエシがついた特種な形状になっているがそこがシッカリハマっていなかった。

マイナスドライバーでテコの原理を発動して「フックの返し」を生成穴を通過させてミッションコンプ!…のハズ。

 

次回ローマサンダルが復活していないことを祈る!

 

「他社デリバリーシステムの代行」案件に翻弄される配達員

 

ウーバーイーツ配達では「ウーバーダイレクト」という

「他社デリバリーシステムの代行」といった形の案件が増えてきました。

 

マクドナルドだと

ピック「3PR MD○○○よろ!」

ドロップ「マックデリバリーでっす!」

 

セブンイレブンだと

P「セブンNOWの集荷、10X よろ!」

D「セブンNOWのお届けデッス!」

 

みたいな?

あと「オニゴー」とかは受け取りはIY(イトーヨーカドー)やヨークマートの店外から音声通話で呼び出し、といったパターンですが、受渡しに関しては正解が何なのか正直よくわかっていません!

おそらく注文者はオニゴーのアプリで例えばヨーカドーの品物を注文している、という認識はあるとは思うけど、配達はウーバーで来る、という認識はあるのかどうか? 

オニゴー案件でドロップポイント特定できずにウロウロしてたら注文者から「ウーバーさんですか?」って訊かれた事があるような…?

 

まあそれは良いとして(良くないけど)、

最近はウォルトでも他社システム案件が来るようになっていた。

アナウンスあったっけ?

…見逃してた?(^o^;)

 

まあそれは良いとして(良くないけど)、

よく来るのは

P「エニキャリ○○○○よろ!」

D「松弁デリバリーでっす!」

という案件。

f:id:blogist:20240228074110j:image

 

稼働終盤などに受けるとあからさまに思考リソースが売り切れていたりするので

「あれ、今何やってるんだっけ?」

とリアルに混乱してしまったりします。

 

そういうときは

「『そろそろ帰ったほうが良いんじゃない?』アラート」

と捉えて帰宅方向の案件しか受けない、という潔さも重要!…なんて思ったりするのでした。

 

帰宅願望

帰宅願望

  • コールサック社
Amazon

 

20240227 イケア港北来訪

 

この日は風が強い…っていうか強すぎる!

身の危険を感じるレベルの強風…

荷台のウバッグが「帆」となり的確に風を捉えがちなので駐輪時は本気で危険なので降ろして尚且つ自転車が倒れる可能性が高い側に置いてクッション効果を期待。

 

近くに塀や壁があればそこに寄せて駐輪。

もちろん万が一倒れてぶつかったときに「傷付いた!」とか因縁をつけられないであろうモノに限る。

 

風は強いわ注文はないわでスッカリ萎えたのを言い訳にイケア港北の軽食コーナーにゴー。

 

今回はいつものドリンクバー¥190にフィッシュドッグ¥250を合わせてみた(¥440)。

前回学習した「複数回注出で『グランデ』にする」という技を発動!
f:id:blogist:20240227130553j:image

今回は窓際の「オレの席」の確保に成功。

とはいえ見える景色は「港北の湯」と「酒のツカサ」、そしてパズドラに興じるタクシードライバーだけですが。

f:id:blogist:20240227130539j:image

 

 

 

日常に潜む不思議…で、焙煎士は誰なの?

コーヒーは基本的に生活クラブデポー、それ以外はネットで購入しています。

言ってしまうと楽天のお買い物セールとかの時にポイント倍数稼ぎの一環での利用、ですね。

なので¥1000〜位で400gとかの「お試しセット」的なものを何店舗かローテーションをしている、という感じだったりします。

今回購入の「リッチブレンド」という豆。

まあフツーに美味しいのですが、同封のパンフレットに気になる点が。
f:id:blogist:20240225080910j:image

「大会優勝の焙煎士が監修」

とのことですが…

こちとら大会の権威性がわからないのでなんとも判断が付きません!

しかもその焙煎士の名前が敢えて書かれていないのは一体なぜ…?

身バレ出来ない切実な事情があるとか?

とはいえ大会名と年度で検索すれば身バレは必至。

↓しかも顔出しもしちゃってるのに?

f:id:blogist:20240225080930j:image

いや、これも単に「写真はイメージです」かもしれない。

無料画像サイトの「焙煎士っぽい画像」を使っているだけかもしれないし、実は単なる不審者だったんだけど画的にいい感じに焙煎士っぽく撮れたので採用された画像、という可能性も否定できない。

 

では、と

「ジャパン エアロプレス チャンピ オンシップ ローストコンペティション 2019優勝焙煎士」

で検索してみたが、公式のページは何やらデンジャラスな薫りが…

f:id:blogist:20240226203428j:image

なので参加した人のブログなど周辺情報をあたったものの、かろうじて2018年優勝者の姓と「多分この人…かな?」というほど引きのピンボケ写真に行き当たったが、2019年に関しては参加者のブログに留まり優勝者には行き当たらなかった。

 

何でもネットで調べが付くと思ったら大間違いだな〜(^o^;)

 

 

ローソンピック悲喜交交(ひきこもごも)

とあるローソンでのピックアップでの事。
受け取った物品をバッグに格納していたら小学校高学年位?の3人組が店の入り口に向かっているのが見えた。

先頭のリーダー格と思われる子が入店直前に振り返り、後からついてきた2人に
「お前ら銃は持ったか?」
って確認して弾を装填するアクションをしてから突入して行った。

…不覚にもヤヤウケしてしまったゾ!

 

ところで自分的ローソンピックあるあるなんだけど、大抵は入店すると手薬煉(てぐすね)引いて待ってる感じなんだよね。

こちらの動きを逐一監視しているのか?

いや、そんなにヒマではないよね…

アプリが優秀で到着予想時刻の精度がかなり正確とか?

まあいずれにしても例えばちょっと暑くなってきて1枚脱ぎたいな、という時も到着してからモタモタ脱いで仕舞って、とかやっていると「あれ…到着してるハズなのに何で受け取りに来ないんだろう⁉」とか思われてる気がするので脱いだり着たりとかの作業はガマンして後回しにしてとにかくサッサと受け取ってしまいがち。

でも時々「ファミチキ…じゃなくてLチキ今揚げてるんで少々お待ち下さい〜」ということも稀にあったりします。

それとローソンのほとんどの店舗が「列に並ばずに…」って方針だと思いますが、「列に並んで…」も稀にあるので要注意です…!

 

 

20231206パスブレイスタイヤ装着備忘録

投稿済みかも知れないけど記録用として投稿。 

11/25土に後輪リム・スポーク発注。

次の週の水曜までに入荷の連絡来るかと思いきやまたしても安定の連絡無し!

電話して確認すると入荷済みとのこと。

そして安定の

「電話で入荷のお知らせをしようとしたが、

『この番号は現在使われておりません』になってしまう」

との事。

このところこのパターンばっかなので来店してまず顧客台帳を確認してもらったところ、案の定、電話番号末尾の一文字が間違っていた!

それを書いたのがこちらなのか向こうなのかはわからないが、結局なにかしらの発注時に記入している注文書に都度書いている番号ではなく、顧客台帳のほうの間違った番号で毎回かけていたようで、そのせいで毎回安定の「現在使われておりません」だった、という私の推理の裏付けを取ることが出来た。

(この時対応したスタッフによると、毎回書いている注文書のほうの電話番号でかけることになっていると言っていたが、スタッフによって対応が異なるのであろう)

なので、まず台帳の番号を訂正してもらい(誤番号をペンで「グチャグチャ」と消してその傍に正番号を記入。次回は大丈夫かな…)

それから今回のリム交換の件に話を進めた。

購入してから3ヶ月で後輪リム割れを起こした時は自転車本体ごと持ち込みで修理依頼だったが、今回は後輪のみ持ち込みでリムスポーク交換をお願いすることにした。

こちらとしては交換用にシュワルベマラソン(ETRTO(エトルト)47-559)とチューブ(仏式にしてみた)を既に購入していたので、それは自分で交換するつもりでいたのでそのような形になったが、そのおかげで自転車本体から後輪を脱着する手数料を浮かせることができたようだ。

その他にも自転車を見られたくないと言う都合もあった。

と言うのは電動アシストの後輪回転数センサーの円盤が外れてしまったのを結束バンドで無理矢理取り付けて運用しているが、そのことについて

「大事故に繋がる可能性があるので新品に交換したほうがいい、」

とかツッコミが入るのをたしなめるのがイチイチ面倒だなと言う些細な理由だったりする。

その他例えばそろそろチェーン・スプロケット交換を勧められると思うんだけどそれが

  • 妥当なもの
  • 「安全」観点の食い気味な提案
  • 「売らんかな」観点の食い気味な提案

…のどれなのか判断が難しいので、それを断ったりするのがめんどくさいという事もあったりするのだった。

 

で、土日はフーデリ通常稼働して月曜日に後輪セットを外して持ち込もうと思ったものの…なんか体調が良く無い。

疲労が地味に蓄積していたか?

なかなか取り掛かることが出来ず結局夕方から作業開始。

手慣れた作業では無いので試行錯誤しながらの作業…案の定あさひの営業時間内に終わらず、翌日の火曜日朝イチで持ち込み。

「今日中に出来るかも」というスタッフ氏のイキリ気味の発言に1%程の期待をしてしまったが結局翌日の火曜日の午後の受け取りとなった。

 

さて以下は外したタイヤの記録用画像。

f:id:blogist:20240113073421j:image
f:id:blogist:20240113073401j:image

この製品、今のところ不満無し。

というか満足。

別の候補が浮上するまでリピート確定だな〜

 

さて後輪外しついでに他にも作業があってりする。

チェーンケース?カバー?

…が欠けてしまっているのでどうしたものか?

今回はパワーテープとUV硬化樹脂のコラボ対応。
f:id:blogist:20240113073335j:image
f:id:blogist:20240113073341j:image

見栄えはイマイチかも…しかし誰が見るというのですか⁉︎

 

後輪が無い間は整備台に載っけて保管。
f:id:blogist:20240113073358j:image

因みに何故自転車専用カバーを使わないのかと言うと

強風の時にバタバタとうるさかったり台風の時は飛んでいってしまった事があった。

何箇所か切り裂いて風が通るようにしたが、あまり効果がなかったので今は「日除けシェード」呼ばれる高通気性のタープで代用。

軒下なので雨はかからないし、逆に普通のカバーだと雨稼働後の濡れた自転車がなかなか乾かなかったりするが、日除けシェードの生地はスカスカ、というかザックリしているので通気性能がハンパないのだ!

 

今回のもう一つの重要タスク…Vブレーキ交換!

右側アーム根本のシュー・リム間隔微調整ネジの台座が回転しないようにフレームに固定するためのピン(写真内で上向きに「ピン!」と勃っている銀色の小さな突起)が折れて無くなってしまってシューがシッカリと戻らなくなってしまったので取り敢えずポリ素材の輪ゴムでシューがリムから離れる方向の力を確保して、それを左側アームの微調整ネジでバランスをとる、という人類がかつてやったことがあるかどうかわからないような「ヤッツケ」状態でしばらくやり過ごしていたのだった。
f:id:blogist:20240113073351j:image
f:id:blogist:20240113073433j:image

 

そして「Vブレーキ交換」で検索してヒットした記事によると、Vブレーキの台座がブレーキ本体と一緒に外れてしまうケースの体験談が紹介されていたが、同じケースになってしまった。

記事ではネジロックやロックタイトといったネジの緩み止め剤を使用していたがあいにく持っていないので瞬間接着剤で代用して本体と台座のセットを一度フレームに組み付け直してしばし待機。

再びブレーキ本体を外そうとしたら見事台座だけフレームに残って古いブレーキアームのみ撤去する事ができた。(次の写真中央の黒い棒がブレーキ台座)
f:id:blogist:20240113073430j:image

今回瞬間接着剤を使ってしまったことが今後どの様に影響を及ぼすのか、及ぼさないのか?

 

さて反対側のブレーキアームも取り替えるか…と思ったものの、別に壊れていないので取り敢えず今回はそのまま使用することに。

なのでデフォルトのがブラック、交換品がシルバーと左右で色がアシンメトリー状態に。

とはいえほぼサークルロックに隠れているので気づく人は殆どいるまい。

さて新品のリムとスポーク。

汚れる前、というか削れる前の状態を記録しておく。
f:id:blogist:20240113073414j:image
f:id:blogist:20240113073348j:image
f:id:blogist:20240113073417j:image
f:id:blogist:20240113073407j:image

一応リムバンドをめくって状態を確認。
f:id:blogist:20240113073427j:image
f:id:blogist:20240113073354j:image

念の為保管しておいたリムテープを念の為リムバンドに重ねて貼って強化。
f:id:blogist:20240113073338j:image

写真のように紐でハンドル固定すると安定して作業がやりやすい〜
f:id:blogist:20240113073424j:image

チューブは今回初めて仏式にしてみた。
f:id:blogist:20240113073437j:image

空気圧管理がしやすくなるか?(というほど管理してるか?)

ただ、英式だとサークル錠を掛けるときにネジにあたってしまって空気が抜けてしまったことがあったので施錠の度に気が揉めていたので仏式ならその心配は無いメリットがある。

 

タイヤは26x1.75/47-559をリピート
f:id:blogist:20240113073404j:image

ブレイスのデフォルトのタイヤが3ヶ月でツルッツルになってしまったのに対しマラソンは1年半くらいは保ったかな?少々お高いが充分元が取れたと思われ。

f:id:blogist:20240113073345j:image

サイド面に反射素材があるのも好感度高し。

しかし後輪の方はブレーキのカスで汚れで反射部分が覆われてしまうのだった。

 

そしてこれはもうちょっとあとになってから気づくんだけど、仏式にした場合、これまで何度が危機を救ってくれた「パンク修理剤」

を使うことができるのか?ということ。

今まで使っていた修理剤は取説的には仏式には使えないとのこと。

ネット記事でも「仏式は注入タイプのパンク修理剤は使えない」という論調が趨勢。

しかし調査の結果仏式専用の修理剤を発見!

値段も驚くほど高価ということもないので取り急ぎ購入。

この製品には英式のときにはなかった専用アダプターが付属している。

ひょっとしてこのアダプターがあれば英式用でも流用できるのでは?という希望的観測進行中。

そうなら前輪用に英式、後輪用に仏式とパンク修理剤の2本持ちをしなくて済むのだが…真相は如何に⁉

20240124 なんとなく不調と何かと置きづらい配達

この日は新横浜エリアを目指して出発。

途中 ららぽーと横浜の店舗からのリクエストを期待しつつ 施設の隣接している産業道路を通ったものの ららぽーとは まさかの全館休業だった … ので そのまま IKEA 港北 方面に向かって行くとリクエスト 着信。

梅田橋の大きなパチンコ屋の敷地内にある飲食店からのピック。

最近 店舗に到着して集荷に来た旨伝えようとこちらが「 ウーバーでっす!」というと、最後の「す」と被るくらいの勢いで「番号お願いします!」と食い気味に 注文番号を訊かれることが多いので、今回は初めての店舗だったが 食い気味に 「ウーバー、注文番号○○○○でっす」と最速のコミュニケーションを試みてみたら

「ちょ、ちょっと待ってもらっていいですか⁉」

とまるで こちらが せっかちな 「空気読まない系配達員」であるかのような雰囲気になってしまった…

なかなか難しいものである。

ドロップに向かう。ターゲットは 集合住宅の4F。

f:id:blogist:20240124215002j:image

「レゾンデートル」って…「存在理由」って意味だっけ?

て、オーナーは哲学者か何かですか!?

 

建物に入ると…エレベーターがない!

…「存在理由」よりもエレベーターの「必要性」を考えてくれよ…と心の中でぼやきながら を登って行き4階に差し掛かろうとしたその時 、次のリクエスト 着信音が!

チェストバッグのポケットからスマホを取り出そうとしたが、無い⁉

ボーっとしていたせいかスマホを自転車につけたままだった!

スマホは空気伝導ヘッドセットにBluetooth 接続してるのでリクエスト 着信音は聞こえるが、「承諾」ボタンをタップ出来ない!

遠隔で「承諾」もできると良いのに…!

 

そういや以前「全受け」っていう設定があった気もするけど今はどうなってるのかな?

まあ自分的には流石に「全受け」はナシ!かな…

 

とはいえ雨の日なんか画面がよく見えないのでとりあえず「承諾」からの吟味、場合によっては受けキャンもフツーにルーティン化してるので全受けモードもアリっちゃアリ、なのかな…?

 

それはそうと今回はほぼ4階から自転車に急ぎ戻って「承諾」をタップ。

そして再び4階へ戻ってドロップ完了。

…よくよく考えたら階段2往復なんてトンマな事しないで「泣く泣くスルー」が正解だった気が。

往復の行動コストはタダではないのだよ!

平日はリクエストが少ないのでガッつき過ぎていけない。

 

ガッついて捕ったリクはマックド案件だった。

そのドロップはマンションの3F。

そこの玄関風景がコチラ。↓

f:id:blogist:20240124214939j:image

…オートロックドアの先の自動ドアを抜けると住居エリアで、その何処かにエレベーターがあるパターンのヤツか。

2つ目のドアを抜けた先は一階の部屋の玄関前通路(廊下)になっていて、一番奥にエレベーター…では無く階段が出現した。

落胆

の文字が脳裏に浮かび、ただ単に3Fに上がるよりも足取りが重く感じた、というより重力が増加した気がした…というのは盛りすぎか。

 

3階に辿り着くと注文者宅のドアが開いていて手ぐすね引いてまっていた。

別に「おせーよ」って言われた訳でもないしそんな素振りは無かったけど、なんだかちょっと違和感。

 

ドロップ後、思うところあって階段では無い方に行ってみると…エレベーターあった!

 

写真の2つ目の自動ドアに導かれて奥まで一直線に入ってしまったが、実はその手前で左側にぐるりと回り込んだところにエレベーターはあったのだ!

注文者的には当然エレベーターで来るだろうと思っていただろうから、向こうも「???」と思っていたんだろうね。

こういうタイプの「初見殺し」もあるのね…ベンキョーになったわ〜

 

さてその後の置き配での事。

スーパーマーケット案件でペットボトル飲料が含まれていて重量があり尚且つ座りが悪い。

そのドロップ場所の指示が

 

f:id:blogist:20240124215114j:image

「洗濯機の上の棚に置いて下さい。」

 

その棚っていうのが下の写真の赤矢印のところにちょっとだけ写っているんだけど


f:id:blogist:20240124215158j:image

奥行20cm程度の突っ張り棚が突っ張っていない状態で屋外コンセントと反対側の塀に「チョコン!」と引っ掛かっているだけなんだよね。

そして棚の上には既に別のフーデリの配達物やら洗濯洗剤やらが鎮座ましましているワケ。

置くスペースもほとんどないし、そもそも座りが悪い上そこそこ重量のある配達物を置いたら棚ごと落下する確率はかなり高そう。

なのでドアノブ対応とさせてもらった。運よく引っ掛けやすいドアノブでヨカッタ~♪

 

 

次も「置き難易度」高めのドロップ。

「脚立の上に置いて下さい」

との事だったけど…これ、「脚立」じゃなくて「踏み台」だからね⁉

f:id:blogist:20240124215224j:image

(工業規格?的には天板までの高さが800mm未満が「踏み台」それ以上が「脚立」らしい)

blogist.hatenablog.com

 

なんとか「踏み台」の天板にペットボトルを含む座りの悪い袋を注意深く乗せてドロップ完了。

 

その後悪評価はついていないので落ちなかったのか?

それとも落ちてたけど自分の撒いた種、と割り切って取り込んだのか?

無事だったのか、落ちたのか?それは神のみぞ知る…!

 

20240207 極太ファイヤースターターデビュー

一昨日(月)の降雪で東名高速が封鎖されているのを目撃したので水曜日に行こうと思っていた「焚き火」に影響があるか?と心配になったが翌日(火)はフーデリ配達(ウーバーだけだったけど)はほぼ問題なく稼働できた(むしろ注文が途切れなかった)ので水曜日は予定通り出陣する事に。

念の為山方向はひかくてき残雪の可能性が高いので安全パイ的選択肢として海方向、いつもの観音崎公園を目指した。

火曜日稼働時に保土ヶ谷バイパスが封鎖されていたのを見ていたのでちょっと心配ではあったが特に問題なく通行出来た。ただ融雪剤のせいか?フロントガラスがやけに汚れる感じ。

出かける前にコーヒーを淹れる余裕がなかったのでパーキングエリアかコンビニで飲む事に。

しばし逡巡のあと、久しく寄ってなかった横須賀PAに向かって左ウィンカーを点灯(いや、点滅か)!

ここのPAには中に人が居てコーヒー豆を挽いて淹れてくれる自販機があるので(嘘ですよ!ただ、自販機のディスプレイでクイズをやっていてそのハズレの選択肢にその旨書いてあったりする)それを利用しようと思っていたが、今回は有人のコーヒースタンドを利用してみた。

一杯350円…自分達にしてみたらなかなかの冒険なのだ!

店構えから「現金オンリーか…?」と心配だったが、窓口の薄汚れた(悪意!)窓ガラスの中に「PayPay」ほか数種類のバーコード決済マークを発見し一安心。

キョウビ現金は持ち歩いていないのだ。

先客の注文の処理(悪意!)が思ったより長く、寒風は厳しかったのでもう建物の中の売店の150円コーヒーに鞍替えしようかと心折れかけた頃にやっと順番が回ってきた。

ブレンドコーヒーを注文し待っていたが思いのほか 時間がかかった…その最中窓口の外側に置かれた 安っぽいラジカセ(悪意!)からおそらく 不本意であるとは思うけどかなりディストーションのかかったサザンオールスターズの曲が垂れ流されていた。

音割れがひどい だけではなく時折 テンポもおかしくなるって一体音源はなんだろう?と不思議だったが 何のことはない、 曲が終わると DJ が話し始めた…Radio だったのだ!

どこの曲かは分からなかったが横須賀という土地柄から現地の FM 局ではないかと 勝手に推測。

とはいえ 屋外でも雑音入りまくりなので電波的にギリギリなのか?だとしたら地元局にこだわらず○-WAVEとかN○K-FMとかにしておけばよいのでは?苦言を呈さずにはいられない程度に不快だった。無駄にボリュームも 大きかったしね!

薄汚いガラス(悪意!)で仕切られてるとはいえ 店のスタッフのオバチャンも不快ではないのだろうか?と疑問に思ってしまうが、とうの昔にこの破滅的レイディオサウンドは彼女の聴覚的にはホワイトノイズ化してしまっていると思われる、とレポートは締めくくられていた(何の?)。

そして 350円のコーヒーの味は…?

まあこんなもんかな、って感じ。

多分クレマ(コーヒー液面の細かい泡の層?)っぽい味がしたのである程度の圧力をかけるマシンで抽出してはいる模様。

しかし 薄めのプラ製の紙コップの蓋の飲み口の穴がかなり小さいタイプだったせいか熱々のコーヒーがピンポイントで舌に当たる感じで、そこはちょっと残念に感じた。

観音崎に到着。

平日無料の駐車場に入るとここでよく見かける白いフィアット500(チンクェチェント)が今日も止まっている。

隣よりももっと離れた他県ナンバー。

まあ毎回その県から来ているとは限らないけど、何をしに来ているのか気になる…。

デカいRVだかSUVで乗り付けてマリンスポーツやら釣りやらというのはよく見かけるが、500でルーフキャリア無しなのでソッチ系では無さそう。

ふと村上春樹の「騎士団長殺し」に登場する「白いスバルフォレスターの男」を想起してしまった。

「白いフィアット500の男」は

「おまえがどこで何をしていたか、おれにはちゃんとわかっているぞ」的なことを言うのだろうか?

いや…男かどうかもまだわからないんだけどね〜

 

さて最近定番になっている岩場の手前の開けたロケーションに到着。

今回の個人的目的の一つが極太ファイヤースターターのデビュー。

https://blogist.hatenablog.com/entry/2024/01/21/101602

果たして購入当時の価格がが¥1680だったので100均のチマっとしたヤツの約15倍の威力は期待できるのか?

 

焚き付けは「ミカンの皮を干してカラカラにしたヤツにコーヒーかすを干してカラカラにしたヤツを乗せたモノ」。

 

いや…今回コーヒーかすとファイヤスターターの2つが初投入…これだと個別の評価が難しいよね?どうしてこいう事するかなぁ…

と思いつつ焚き火に来れる回数も限られているので色々試してみたいじゃん?

と言い訳して作業スタート。

漆黒のフェロセリウム棒に進化型の異形ストライカーを当て、削りカスをコーヒーかすにふりかけていく。

このときふとあることに気づく。

自分の擦っている範囲が百均スターターの時の長さにとどまっている!

気を取り直して100mmの長さを活かすように長めのストロークでスターターを動かす。

ある程度削りカスが溜まったようなので強めに擦って火花を散らしてみる。

バチバチィ!とスパークするもののすぐには着火の気配なし。

何度か繰り返すとコーヒーかすに赤い点が!

ふ~、ふ~、っと吹いてやるとミカンの皮に引火!

炎が上がったのでその皮を火おこし器に投入。

 

火おこし器は火消し壺兼用のタイプ。

「火起こし」は製品的には「炭に火を移す」という設定のようだが我々は焚き付けを細めの薪に移す用途に使っている。

今回はちょっとサボってあまり細くない 薪 に焚き付けを移そうとしたが敢え無く撃沈!

時間も押していたのであまりやりたくはないが新聞紙で再着火してなんとか薪に火を移すことができた。

今回の反省点は 焚き付けの次の段階の割り箸 クラスの細い木を用意するのを怠った点。

なんとなく いわゆる製品としての着火剤は使いたくない派なんだけれど 結局 新聞紙を使ったりするんだったら着火剤使用と変わらないじゃん!

それならちゃんと細い木を用意しとけ、っていう話。

次回から気をつけます〜

時間がオシているのは焼き芋をセットしたりコーヒーを淹れるためにお湯をわかりたりしないといけないので(マスト!)サッサと火を安定させなければなら無いのだ。

なので焚付練習は火が安定してから別口で行う方向で。

で、結局価格が16倍のファイヤースターターは16倍火がつきやすいということは無いけれども(当たり前だ)、サイズ的に持ちやすいのと1ストロークあたりの火花の量が圧倒的に多い。

焚付がうまくいかないとしたらそれは燃やす材料の問題と思われる(シケっていたりそもそも素材チョイスを間違えてるとか)。

焚付素材は試してみたいものはまだまだあって、

  • 洗濯機のくず取りネットのホコリ
  • 鉛筆削りの削りかすボックスの堆積物

等々次回から投入していきたい。

鉛筆…の方は以前試してみたこがあって、そのときは思いの外火付が良くなかったんだけど保管状態の問題も看過できない。

今後は保管容器に乾燥剤を入れる等湿気対策もしたうえで付かなかったら、そのときは思いっきりディスってやることにするとしよう(情緒不安定か?)

 

実は今回は焚付から薪に移すのにも結構時間がかかって、それは薪が火付は良くないが長持ちが信条の広葉樹だったことも無関係ではないだろう。

そして前回大活躍だった電動ファンを持ってくるのを忘れてしまったので前回はうちわを全く使わなかったんだけど今回はひたすら仰ぐ仰ぐ!

 

今回の反省会…

先ず焚付の次の段階の細めの薪を準備する。

できれば火付の良い針葉樹。

もしくは焚付前に太い薪を太めの菜箸程度まで細くして小さなキャンプファイヤーみたいに組んで

スムーズなスタートを切れるようにしたい。

あとやはりもう電動ファンを忘れないこと!

ずーっと仰いでいるのはちょっときついわ〜(^o^;)

 

 

 

 

 

「撤去」といえば…「都筑まもる君」へのナゾの憎悪

十日市場交差点の蛙の置物、撤去されてる!?

f:id:blogist:20240219163842j:image

f:id:blogist:20240219163855j:image
記憶違いでは無ければ交通安全祈願的な意味合いを付加されていた気がするけど、その辺りの関係者からの抵抗とかなかったのかしら?

再開発?単に見通しの問題?

環状2号沿いの歩道の工事が広範囲で行われているのも関係有るのか無いのか…?


それはともかくとして、撤去といえば個人的には歴博通りの「都筑まもる君」をなんとかして欲しい…。

ガチの「まもるラバー」の人には悪いけど、既に設置されてしまっているがゆえの「単純接触効果」によって偽りの好感を持ってしまった勢も多数いると思うし、当初嫌悪感を持っていた勢も「ホワイトノイズ化現象」で気にならなくなってしまった可能性も大。

 

しかし、ですよ?アレ…改めてフラットな視点で見てもらうと、おかしくないですか!?

歴史博物館とも歳勝土遺跡とも関係ないじゃないですか?

それともまさか歳勝土遺跡からゴリラが出土したとでも!?

 

まあもともと何故か「恐竜パーク」的なところに設置されていたゴリラのオブジェ、という数奇な出生は気の毒だなと思わないことはありませんが、だからこそもう安らかに成仏させてあげようじゃありませんか!

 

ここまで言ってもまだピン!と来ない方に是非見ていただきたいのが、「まもる君」の足元。

鎖で繋がれてるんですよ!?

f:id:blogist:20240219180303j:image

唯一繋がれていない右前脚を振り上げて「早く成仏させてくれ〜!」という悲痛な叫びが聞こえませんか?

 

 



扇風機のキャスター台の修理

愛用の扇風機、三菱 R30J-HRN。f:id:blogist:20240218230218j:image

もう何年前に買ったのかも忘れたけどその時 無印良品が結構好きだったのですが、この商品どうやら 無印良品ブランド扇風機のOEM元らしいのでたまたま家電量販店で値下がりしていたのを見かけてなかば衝動BUY(編集部注…「衝動買い」の意か)してしまった、と記憶しています。

首振り機能は昔ながらの「ポッチを押し込む」タイプでそこは リモコン制御では無い、というのが気にならないことはなかったんだけど、無印の製品が首振りがリモコンじゃないならそれは要らない機能!って思っちゃう位には無印教の信者だった(当時)ワケ。

 

それはともかく、夏はもちろんのこと 雨の日などの洗濯物の乾燥、換気など季節を問わず 活用させていただいております。
f:id:blogist:20240213155313j:image

ただ、こういったスタンド型扇風機って、ちょっと動かそうと思っただけでも持ち上げないとならないのでなんとかならないかな…と思って四隅にキャスターを配置した板に乗せてみました(扇風機の底と板は防振ゲルでくっつけてある)。

これでカル〜く押すだけで移動できるようになりました。

 

ところが何年か経過したら「ガッタンガッタン!」とスムーズに動かなくなってしまった…!

さて、ホコリが堆積してしまったか?とキャスターを見ると、床に設置する面のウレタン素材が劣化して剥がれてしまっているではありませんか!

f:id:blogist:20240213155448j:image

(写真は既に取り外した状態)

 

そして板とキャスターの接続方法が想定外だった…(自分でやったけど、すでに忘れていた)。

2箇所はネジ留めで残りの2箇所は粘着テープ留め。
f:id:blogist:20240213155500j:image

ネジ留の方は秒で付替完了(300秒位か?)。

 

粘着テープの方は意外とシッカリくっついている…無理に「力(ちから)」で剥がすと板が割れちゃうかも?(薄(うっす)い板だから!)

なので板とキャスターの間に少しずつカッターの刃を入れていくという経験に基づくテクニックを駆使して無事分離成功。

 

新しいキャスターを「強力スポンジ両面テープ」で取付け。
f:id:blogist:20240213155521j:image


f:id:blogist:20240213155505j:image

 

キャスター台と扇風機の土台の接続は「耐震ゲル粘着」だったりします。


f:id:blogist:20240213155608j:image
f:id:blogist:20240213155623j:image

すっかり忘れていましたが、板の方には繰り返しの付け外しを想定してかテープが貼り付けられていました。

f:id:blogist:20240213155639j:image

過去の自分、なかなかやりよる…!

ナイロンキャスターへの換装完了。

f:id:blogist:20240213155430j:image

ガッタンガッタン言わなくなりました〜♪

 

 

自転車でイケア港北に行く場合のアクセスと軽食コーナー利用

いや、配達リクエスト入らねえな…とふてくされてイケア港北のスナック(軽食)コーナーにシケ込んだりすることがありますが、その時の駐輪場への動線を紹介します。

f:id:blogist:20240214182403j:image

入り口は南北方向に走っている街道沿いにあります(産業道路側ではない)。
f:id:blogist:20240214181146j:image

自転車マークがあります(バイクも)。

最初に自転車で来訪した時ここが見つからずどこに止める設定なのかわからなかったのでテキトーなところに止めて店内に聞きに行こうとしたら遠くから「そこに止めちゃだめ〜!」と

駐車場入り口の警備員氏の声が。

指さされた方に行ってみると自転車マーク発見!

いやしかしせめて正面入り口に「駐輪場アッチ」くらい書いておいてくれても良いのでは?もし反対方向に探しに行ってしまったらこのどデカい建物をぐるりと一周する事になってしまうゾ!

…という旨をやんわりと警備員氏に伝えると、「そうなんだけど、我々が言っても(店が)やってくれないんで…」との事。

あ、そか。警備はアウトソーシングですよね。

失礼しました!

なのでその後店内のサービスカウンター的なところで「駐輪場の入り口分かりにくいゾ!」という旨をやんわ〜りと伝えておきましたが、追跡調査してないのでその後どうなったかわかりません…(自分が場所わかっているともう案内板とか目に入らないんだよね〜!)

 

さて気を取り直して駐輪場への道筋を。
f:id:blogist:20240214182624j:image
f:id:blogist:20240214182617j:image
f:id:blogist:20240214182628j:image

結構細い所を入っていきます。

止めた人が店内に行くためにこちらに向かって歩いてくる設定なので徐行でお願いします!
f:id:blogist:20240214182620j:image

どんどん暗くなって行く…なんか「歓迎されてない」感が…(^◇^;)
f:id:blogist:20240214182418j:image
f:id:blogist:20240214181154j:image
f:id:blogist:20240214182754j:image

暗!
f:id:blogist:20240214182758j:image

自転車を駐めたら来たルートをひたすら戻ります。
f:id:blogist:20240214182736j:image

f:id:blogist:20240214182732j:image

「暗い・狭い・怖い」の三拍子揃っています。
f:id:blogist:20240214182813j:image

ここで「面堂終太郎」を想起する人は同世代な予感…!

あれ、最近リメイクしてたっけ?ま、いいか…f:id:blogist:20240214182817j:image

店内が見えますが、ここはエマージェンシー用ドアなのでガマン!
f:id:blogist:20240214182820j:image

↑ここから突入したらどうなるのか?気になるところではあるけれど豆腐メンタルの私には到底無理!なのでどなたか試してみてください〜!


f:id:blogist:20240214182739j:image

ここでしばらく息を止めます。

そうです、喫煙スペースです!
f:id:blogist:20240214182806j:image

利用者がいたので進行方向から振り向く形の撮影となってしまいました。

ふてくされたオッサンの喫煙シーンとかはビジュアル的にも害がありそうなので見ないようにします。

駐輪場から店舗入り口への動線にこういうのがあると「歓迎されていない」感にブーストがかかってしまいます…

 

 

さてやっと入口に到着。

f:id:blogist:20240214182802j:image

撮影時、ここで配達リクエストが入ったので苦笑いしながら駐輪場に戻りましたとさ。

 

隣のコーナンモールの幸楽苑からのリクエストでドロップは片倉町…結構な距離じゃね⁉︎

 

そのまま新横浜駅エリアで何件かリクエストあるか?と期待したものの空振り…

なのでまたIKEAに戻ってきちゃいました(何をやっているんだか)。

 

この頃には撮影していたことはすっかり忘れていたので正面入り口から軽食コーナーへの動線の写真はナシ…

 

最近ファストフード店で急増しているセルフオーダー機を操作中に思い出して撮影再開。

 

…目的のメニューに辿り着けず苦戦するオジサンがいたんですよ〜

…私ですが、それが何か⁉︎(^◇^;)

なんか

  • スワイプする
  • スクロールする
  • 「次へ」ボタンをタップ

のか分かりづらい…慣れの問題だとは思いますが。

 

  • ドリンクバー
  • ベジドック(トッピング付き)

 

の2品のはずが、商品点数が3になってるんだけど⁉︎

f:id:blogist:20240214182809j:image

  • ドリンクバー
  • ベジドック
  • トッピング

…メニューとカートで単位変わってるんだ…

って、それ紛らわしすぎませんか〜⁉︎(^◇^;)

 

これで「ベジドック」をキャンセルしたら

「トッピング」だけ来るのかな?

試したみたかったけどそれはまた今度…!

 

支払いが済むと自動的にキッチンにオーダーが飛んでいるシステム。

食券をカウンターに出しに行ったりするのは過去の話!

レシートに「ABCすべてのカウンターが見えるところでお待ち下さい」との指示が。


f:id:blogist:20240214182743j:image
f:id:blogist:20240214182751j:image
f:id:blogist:20240214182747j:image

言うて平日なのでBの1箇所しか稼働してない…ので「B」のモニタをガン見(編集部注…「注視」の意か)。

レシートに表記されている受付番号が表示されるが早いか「B」カウンターに食い気味にレシートを提示…からの受け取り完了!

 

ドリンクバーの一杯目はブラックコーヒーの一択。

さていつもの「オレの席」へ…

(「席」と言っても「スタンド」ですが)

ガーン、なんてこった…先客がいるじゃないか!

 

仕方なく外の見える丸テーブルへ。

f:id:blogist:20240214181157j:image

キッタナ…紙ナプキンとか食べこぼしとかそのままじゃんよ!

良い人振ってイソイソ掃除する事もあるけど、「オレの席」が空いてなくてクサクサしてたのでそのまま利用。

 

ドリンクバー二杯目のためにマシンへ。

先客がいたので待っていると…スマホにご執心でスタートしてないじゃん!声を掛けようかヤキモキしてたらやっとマシンの画面をタッチして抽出開始。

抽出完了。「ハヨイケ〜」と心中で唱えるも動く気配なし。またスマホにご執心か〜!

 

声を掛けようかヤキモキしてたら再びマシンの画面をタッチして再び抽出開始。

???

あ…そうか。

無駄にカップがデカいと思ったら、複数回抽出でどっかのカフェの「トール」とか「グランデ」みたいにセルフで量を調整できるって事か。

結局その先客は「グランデ」だったようで再び抽出開始。

いちいち「スマホにご執心」を挟むのでムッチャ時間掛かったゾ!

f:id:blogist:20240214182106j:image

(↑スマホにご執心)

 

やっと自分の二杯目のラテを抽出。
f:id:blogist:20240214183028j:image

結局ブラック1杯、カフェラテ2杯飲んだ。

¥190の元を取ろうという浅ましさがなかったと言ったらウソになる。

 

一段落ついたので出発。

の前に…トイレ。


f:id:blogist:20240214183032j:image

あれ、以前はハンドドライヤーが2つ並んでいて左右別々に乾かすことができたんだけど、1個なくなっている…!

時代は刻々と変わっているんだな…

注文番号読み違い現象


初見の焼肉店でのピックアップ。

f:id:blogist:20240217222108j:image

「注文番号『○2D5○』デッス!」

と伝えると、学生バイト風の女性が右手にメモ、左手に商品を持って戻ってきたものの、メモを見ながら訝しげな様子で

「『○205○』じゃないですか…?」と。

 

出た、「『D』『0』入れ替わり現象」だ〜!

 

「ひょっとして手書きのメモで運用してますか…?」と訊きながらこちらのスマホと先方のポストイット風のメモを突き合わせると、メモにはやはり手書きの注文番号が。

 

女性スタッフは商品を渡して店内に戻るが早いか

「も〜字ぃキタナすぎ〜!」と甘えたような声で中のスタッフに文句を言っていた。

 

た、楽しそうな職場で良かったね!

(^o^;)

 

とはいえ手書き関係なくアプリ画面でも

0↔C

0↔D

3↔5

3↔8

4↔A

5↔6

8↔B

あたりは特に疲れが出て目がシパシパしてくると判別しづらいと思うのは歳のせい…?

 

しかし文字が小さいせいで雨の日に水滴が画面に付くとかなり判読しづらくなるのは確か。

注文番号や集合住宅の部屋番号の表記だけでも大きな文字にして欲しい、と思うのは私だけだろうか…?