50歳からのウーバーイーツ配達員

あなたは50歳以上ですか? はい/いいえ 

蓄光テープの力不足

夜稼働時、スマホホルダーの四隅が見づらいので蓄光テープを貼ってみたが(青矢印)

安物のせいかあまり光らない上に防水では無いので別のテープで保護したり面倒臭い。
試しに白い粘着シートを貼ってみたら(赤矢印)これで充分かも…という話。

 

20221001 フーデリ配達トピック…オバチャン、明太、警察官

この日は朝イチで通院、その後YPB(パスブレイス)タイヤ交換の続きをやっていたんだけど…

経験、知識、情報、技術、設備…の五拍子?欠如したトライだったのでムチャムチャ時間掛かってしまい、結局昼ピークを逃してしまった…(T ^ T)

 

ので夕方ノコノコ出動…

 

いつものセンター南北エリアは鳴きが弱かったので綱島アピタテラスを目指して移動…

ウォルトを「同時配達」に切り替えて戦闘モード!

途中東山田のすき家からウーバー受信。エリア移動時間に料金が付くありがたいリクエスト!

すき家に突撃すると…オバチャン体型でオバチャンパーマのオバチャンが吠えてるところだった。

鳴き声は「いつまで待たせんのよ⁉︎」

新吉田のドロップ先のオシャレマンションのオシャレ階段につまづきそうになるがなんとかセーフ!

(ウォルト鳴かないな…)

アピタテラスに到着…まずはマックドのショート。

(ウォルト鳴かないな…)

続いてはなまるうどん受信。

大倉山へのルビコン…じゃなくて鶴見川を渡るライド。「大綱橋」空いてると良いなぁ。

 

ちなみにメニューは「明太おろし醤油」だったんだけど…たどり着いたドロップ先の階段が「明太」色だった。

(ウォルト鳴かないな…)

大倉山で迷うのは、新横浜方面に行くか綱島方面に行くか…リクエストが入ればそっち方面行っちゃうけど入らないと優柔不断エンジン発動!

多々して理由もないけど再びアピタテラス目指してルビコ…も、いっか。

(ウォルト鳴かないな…)

その後ウォルトもウーバーも鳴く気配無し…

なのでキ帰路方面に出発!

その前にキャンドゥで少々お買い物。

(ワンドゥはかわいいのう…)

 

帰路途中、往路のすき家からリクエスト!

到着すると…警官の姿が。事件⁉︎

さっきのオバチャン、暴れ出したか⁉︎

単に警官の晩飯が牛丼だったという…事件性ナシ。

いつからだろう、制服のままショッピングする様になったのは…?

 

 

 

「ノア」という名の休憩室…とある職場の冷遇⁉案件

とあるデイサービス事業所にて送迎ドライバーのシゴトをしていますが、その時に

「休憩時間をどこで過ごすのか問題」

というのがあります。

 

休憩室はあるにはあるのですが、ロッカーその他が置いてあるのでスペースが実質1畳程度しかなく、しかも「=女子更衣室」でもあったりするので居心地が良くない…というか悪いのです。

 

私が休憩中に女性スタッフが着替えに入って来ることもあり

 

私「あ、出ますんでどうぞ!」

女性スタッフ1「いえ、トイレで着替えますんでそのままどうぞ〜」

(※バリアフリーの広めのトイレがある)

 

と言ってくれる人もいる一方…

 

女性スタッフ2「(ガラッ)え…なんで⁉(オス…しかも冴えないオッサンが女子更衣室にいるわけ!?)」

「あ、出ますんでどうぞ!」

「…いいです!私がトイレで着替えればいいんてしょ!(なによアイツ、ジャマクサイ!)(ガラッ!ピシャッ!)」

 

ということもあったりして…

まあどちらのケースにしても私的にはアリかナシかでいったらラ・フランス、つまり「ヨウナシ」なワケであります。(^_^;)

 

ちなみにもう一人男性スタッフがいるのですが、彼は自宅が目と鼻の先とかで、休憩の都度一時帰宅しているそうなのです。

 

実質的に休憩室難民は私一人、なのです。

 

ではYOUはどこで過ごすんだYO?

ということになるワケなんですが…

実は送迎車(トヨタ・ノア)の中だったりします。

 

一人で気楽、エアコン完備。ニ列目シートを下げて肘掛けを出せばまるでファーストクラス!(乗ったことないけど)

 

その時に口さみしいのを紛らわすため、事業所内のベンダー(給茶機)でコーヒーを汲んで持っていくのですが、カバン2つと蓋無しカップコーヒーを持ったまま移動するのはアクロバティックな上…

溢したときのダメージは想像するのも憚られる程デカく!

…得られる利益はスプレードライの、決して美味いとは言えないインスタント・コーヒー。

まさにハイリスク・ローリターン!

なのでせめてもの安全対策。

二重の紙コップにラップをかけて輪ゴムで止めて、トドメとしてビニール袋で包んだら…即席のテイクアウト包装の出来上がり!f:id:blogist:20221001102615j:image

結果は…?

輪ゴムがユルくて少し漏れたようですが、

外側の紙コップには至らずなんとか

「アウト!」な漏れは回避!
f:id:blogist:20221001102657j:image
新車のくせにスマートキーじゃない!…ので荷物も抱えてポケットをゴソゴソしたりしてキーを取り出したりするのでそれなりに揺れを与えてしまいましたが
f:id:blogist:20221001102714j:image

なんとか無事にドロップ完了⁉

自作自演のデリバリー…といったところでしょうか?

 

フツーにテイクアウトじゃないの

っていう野暮は言いっこナシ!の方向でお願いしマス…

(^o^;)

 

 

 

20220912…ウォルト、同時配達モードを初体験!、

今日のトピックはなんと言ってもドキドキ!の

ウォルトの「同時配達モード」での初稼働だろう。

とはいえ今日は複数ピックアップは一回のみ。

しかもピックアップに行ったケンタで1件目を受け取った時に

店舗スタッフに「ウォルトさん、もう1件ありませんか?」と訊かれたのでアプリを見ると、「ピックアップ想定時刻」と「ドロップ想定時刻」の間に

ややグレーの文字で「2件のタスク」という、「1件配達モード」の時には見たことない表示が。

1件目の受け取り完了操作をしたら…もう1件の情報が出現しました!

ピックアップが実質1回で商品は小さく(それぞれケンタでよくある1箱のみ)ドロップ先同士も近かったので、初心者にふさわしい比較的容易な「同時配達」となりました。

…ていうか、ウーバーの通称「ダブル」(2件配達)とおんなじじゃん!

 

そのあと同時配達モードのままにしていたが同時配達になることは無く帰路へ。

そしてこの時…ミスを犯してしまったのです…

メンタルが完全にもう「帰路モード」になっているときはオフライン、もしくは1件配達モードに切り替えないとリクエストをキャンセルるするのが面倒なのに、同時配達モードのままだったのです!

そこによりによってエリアの反対側の端、ピック料金の上限5km(¥490)を上回る遠方からのからのリクエストが!(チンチンチンッ!)

1件配達モードの時はボタンが「開始」「拒否」ですが、(チンチンチンッ!)

同時配達モードの場合は「開始」「サポート」となっていて、(チンチンチンッ!)

拒否するにはサポートとやり取りが必須なんですね。(チンチンチンッ!)

 

一方、「しばらく(1分?)動かないと自動的にキャンセルされる」というハナシも聞いたことあるので待っていたが…(チンチンチンッ!)

メンタル的にキッツー!…しかも1分経っても鳴りやまないし!(チンチンチンッ!)

仕方なく「サポート」ボタンから選択肢を選んでキャンセルの流れ。

電動アシスト自転車のバッテリー残量が心許なかったのでそれを理由にしたかったがそういった選択肢は存在しなかったので「スマホのバッテリーが…」をチョイス。

取り急ぎこれで「チンチンチンッ!」の悪夢からは開放された…。

今後は「帰路は一旦オフラインにして『同時配達』『1件配達』切り替え」というルーティンを追加(メンドクセエナ…( ̄▽ ̄;))。

 

 

 

HDMLアダプタよりもセレクタが安かった話

【20170925 FBUG】

iPhoneの画面をテレビに映す装置。

ウチのテレビのHDMLの差し口は窪んだ所にあるので
そのままでは接続出来ません。

そこで「延長コード」と「『メス/メス』のアダプタ」が必要なのですが…

このアダプタ、数が出ないせいか¥1000弱と結構お高い!

どうしたものか?…と「優柔不断回路」が起動し始めるかどうかのタイミングで
「テレビ一つに機器三つ繋いで切り替えて使う装置」が¥800程度で売っているのを発見!

ポップからあからさまに駄々漏れている「売り切ってしまいたい」感は見なかったことにして、物は試しと買ってみました。

で、それからどうなったかというと

現在のところは無事、稼働していたりします。

 

 

自転車ライトについて

 

先代の主力機「オフタイム」時代に愛用していた後付けの自転車ライトを処分した。

自転車に装備されている、電動アシストバッテリーから電力供給されているライトはスポット過ぎて「点」でしか前方を照らさない。

暗闇でこちらの存在をアピールするには必要充分かもしれないが路面状況を知るには物足りない。

確かに通勤通学程度の距離(ザックリし過ぎだろ…)で、「勝手知ったる道」ならデフォルトのライトで事足りるのかもしれない。

ところがフードデリバリーでは「初見の道」の嵐なので「トラップだろ⁉」っていうような路面状況にも頻繁に遭遇する。

なので後付けライトは必須、だと思う。

で探し当てたのがこのライト。

 

【良かったところ】

光量は必要充分…そしてよくある「レンズで無理やり光を拡散するタイプ」と違って、照らし方に斑(むら)がない。

電子ブザー内蔵…ベルよりも大音量の警報音を発することができる。

リモコンスイッチ付き…本体に手を伸ばさずとも手元でオンオフ可能。

USB充電式…やはり単三単四型電池の入れ替えは面倒くさいので…!

 

【悪かったところ】

自転車への取り付け部品が脆弱…付属のシリコンバンドは全然お話になりませんね。段差を超えただけで向きが変わってしまうのでさらにきつく締めようとしたらぶっちぎれちゃうし。結局結束バンドで取り付けました。

デザインというか配色…ブラック単色でOK!…なのに軟質パーツがなぜか「水色」で見た目が安っぽい…!(個人の感想です)なので出来る限り黒のパワーテープ貼り付けて隠していました。

防水が甘い…ほかの後付けライトも同様なんだけど「IPX5」とか「IPXとか謳っていてもフーデリ配達のような「積極的に濡れに行ってる」ような使い方だとほぼほぼ浸水しますね…(^^;)

ブザー要らなかった…そもそも緊急時に「普段触らないブザーのスイッチの位置を手探りで特定してプッシュする」っていう芸当は、よほど反復練習しなければ無理だと思われ…

さらにこのブザー、防水機能の低さのせいで夜中に大暴走したことがあった。

大雨の稼働後の夜中、突如ナゾの大音響!

飛び起きてまずスマホの「緊急速報」を疑うが、そもそも音が違った。

ようやくこのライトの数種類のブザーのパターンがすべて順番に鳴り響く「防犯ブザー機能」だと気づいたものの、スイッチを押しても音が止まらない!

床にたたきつけようとも思ったが何とか思いとどまり、激しいシェイクを加えてやったら止まった…おそらく悪さをしていた雨水の位置が変わったのだろう。

再び叩き起こされても困るし、ただでさえフーデリ稼働が家族から不評なのにさらに立場が悪くなってしまうのも困る…ので真夜中の大手術!

ネジがフツーのプラス+で良かった…最近は三角▲とか四角■とかトルクス🔯(?)とか、さらにそれのいじり防止版とかあるので、気軽に分解できないことも。

取り急ぎ分解して綿棒で水気を切って、仕上げにCRC556を基板のアヤシそうな部分に吹いて取り敢えず終了。

それでもまた鳴りださない保証は無いので、雑巾で包んで箱に入れて冷蔵庫の野菜室に幽閉して就寝。

翌朝子供から、台所のどこかから何か電子音が鳴り響ていて発生源を特定できず色々探していたらしばらくして止まったんだけど、何?と聞かれました。自分は爆睡していたようで全く気が付きませんでした…ゴメンね!

 

その後だましだまし使っていたけれど、またいつ大音響がとどろくかと思うと気が気でないので去勢…じゃなかった、「ブザー摘出手術」を敢行!

分解していかにも「鳴りそう」なパーツを特定。そこから伸びた銅線がたどり着いた基板のところに「BZ」みたな「いかにも」なアルファベット文字があるのを確認。

一思いに「ブチィッ!」とむしり取って、去勢手術完了。

 

しばらく使用できていましたがスイッチの接触が悪くなり、さらにリモコンの接触も不安定になってきたので第一線から離脱。 

 

 

⇧この充電口兼リモコン接続ジャック、防水キャップのサイズ縛りのせいか開口部が狭く、どのmicroUSBプラグでもOKというわけにはいかなかった。

 

⇧光の照射のベストポジションとスイッチ操作のしやすさのベストポジションとの鬩(せめ)ぎあいの結果、ジャック部分が犠牲に。

月日は流れ稼働用自転車の主力機もかわり、その新しい主力機を修理に出す事態になったときに、代車での夜稼働のために久々に登場願いました。

スイッチを押すと…点かない。充電して…も点かない!

またもや分解…みればチップみたいなパーツが基盤にはんだ付けしてあるところに、緑青ではないようだけどなにか水垢みたいな白い汚れが。

綿棒でこすり落としてCRC556吹いてやったらとりあえず復活した…マジか~!

 

意気揚々と夜稼働へ出動!

しかししばらく使用していたらだんだんと暗く、それに白かった光が青くなってしまった。

しかも本体が異様に熱い。ダメだ…発火とか爆発とかされたら割に合わない!ので使用中止。さすがにお役御免です…お疲れさまでした~!

 

後日充電池だけ取り外し、本体はゴミ箱へ、充電池はホムセンの回収ボックスへ。

 

 

 

芸術鑑賞への険しい壁…とてつもない裸⁉︎

図書館にて芸術鑑賞目的のために芸術新潮という雑誌を借りた。

 

※一部モザイク加工しています※

芸術鑑賞目的とはいえ、貸出返却の時に受付カウンターで、なんか恥ずかしいじゃないですか…

でも安心してください!

ここの図書館、どちらもセルフなんです!

で一通り鑑賞を終え、返却しに行ったら…

(※アーミーパンツの男性の奥の2〜3人立てるくらいのスペースのみで貸出返却対応しています!※)

 

大改修工事中になっていて…

有人カウンター

のみになっていました…!

しかもその時の受付は、よりによって萌え系の若い女

終わった…

今後この図書館を利用するたび

「あ、この前エロい雑誌借りてたオヤジだ」


「あ、エロい雑誌のオヤジ、また来てる」


あ、『エロ』また来てる、キモ!

って思われるんだ…。

と半ば絶望的な気分でいたところ、

「お待ちの方、こちらへどうぞー」

と、別のカウンターがオープン!

こちらは50代くらいと思しき優しそうなオバ…女性で、僕が裏返して差し出した雑誌に一瞥をくれる事も無く返却ワゴンに雑誌を紛れ込ませ、無事返却ミッションは完了したのでした。

よかった…これで引き続きこの図書館を利用できます!

 

芸術鑑賞への険しい壁…とてつもない裸⁉︎

図書館にて芸術鑑賞目的のために芸術新潮という雑誌を借りた。

 

※一部モザイク加工しています※

芸術鑑賞目的とはいえ、貸出返却の時に受付カウンターで、なんか恥ずかしいじゃないですか…

でも安心してください!

ここの図書館、どちらもセルフなんです!

で一通り鑑賞を終え、返却しに行ったら…

(※アーミーパンツの男性の奥の2〜3人立てるくらいのスペースのみで貸出返却対応しています!※)

 

大改修工事中になっていて…

有人カウンター

のみになっていました…!

しかもその時の受付は、よりによって萌え系の若い女

終わった…

今後この図書館を利用するたび

「あ、この前エロい雑誌借りてたオヤジだ」


「あ、エロい雑誌のオヤジ、また来てる」


あ、『エロ』また来てる、キモ!

って思われるんだ…。

と半ば絶望的な気分でいたところ、

「お待ちの方、こちらへどうぞー」

と、別のカウンターがオープン!

こちらは50代くらいと思しき優しそうなオバ…女性で、僕が裏返して差し出した雑誌に一瞥をくれる事も無く返却ワゴンに雑誌を紛れ込ませ、無事返却ミッションは完了したのでした。

よかった…これで引き続きこの図書館を利用できます!

 

20220911 フードデリバリー稼働記録

前日の土曜日、綱島エリアでマクドナルドがパンクしていてピックアップまでにかなり時間がかかる状態だったので本日のウーバー1発目のマクドナルド荏田西店はどうなることかと思ったが、11時頃で自分の注文番号がまだ画面に表示されてない状態。(店内注文やモバイルオーダーを含め14件目までしか画面に表示されない。)

しかし先日の綱島や日吉の駅前店とは違いロードサイド店なので面積に余裕があるせいかそこまで殺伐とした混雑ではなかった。

ただしピックアップに30分ほどかかった!

その次は都筑の丘オーケーストアのロッテリア。ダブルで鴨居方面へ。

鴨居でマックを2件受けたが、まだ昼時で一般客の注文の列は長かったものの、ピックアップの待ち時間はゼロ!

ドロップ後、リクエストが途切れたので仕方なくららぽーとをかすめつつセンター北南エリアに回送しようとしたところでウォルトに仲町台のマックドのリクエストが!

それなりに距離があるのでピック料金も期待できるし繁華街エリアに近づけるし、ラッキー♪

(ピック料金も期待…ウォルトは現在地から店舗に向かう直線距離が計上される(ただし5 km まで))

 

今回のトリップはGoogle マップおすすめの東回りのルートをチョイス。

f:id:blogist:20220913090945j:image

このあたりでいつも気になるのがこの無駄な迂回ルート。大通りを無駄にわたって無駄に戻る…無論手書きのオレンジ矢印で行きましたが、初めての時は青い線の通りに行って「?!」ってなったんだからね!

 

この日は綱島方面に遠征するまでもなくセンター北南エリアでリクエストがどんどん入ってきた。

 

そんな中ドロップ時に「配達を完了できません」案件に遭遇。 

f:id:blogist:20220913091119j:image
確かにショートだった(近かった)が、店舗から数百メートルは離れている。

このドロップのエリアでは以前も履歴画面で

「ドロップ地点からドロップ地点にドロップ(ピックアップ地点が表示されない)」

と言う感じに異常あった。

 

何度か「配達を完了する」にトライ。

その都度出る「配達をキャンセルする」をうっかりタップしそうでヒヤヒヤした!(^o^;)

数分してようやく配達完了。

その間試しに移動した距離は100メートル程度なので、解決した要因は結局時間経過だったのだろうか?

 

時々「アカウント」の「移動手段」をチェック。

昨日やけにUber の注文が入らないのでもしやと思って「アカウント」をチェックしてみたら「自転車」のつもりが「ウォーカー」になっていた!ということがあって、

(その間ウォルトが入ってくれたので助かったけれども!(^_^;))

もちろん単に注文数が少なかった配達員余剰だったのかもしれないけど、現金受付が勝手にリセットになっていたりという話もよく聞くし、このアプリ油断ならないな!

で確認しようとしたら…

f:id:blogist:20220913091229j:image

アカウントがグレーになってる…

やはりこのアプリ、油断ならないな!

(しばらくして確認したら「自転車」になっていました)

 

「ゴーストをいくつもやってるあの店舗」にてトラブル発生!
f:id:blogist:20220913091310j:image

f:id:blogist:20220913091325j:image

到着して突入したもののまだ出来上がっていなかったので店外にてしばし待機。

しばらくして後から来た配達員2人が入っていってしばらくして2人とも品物を持って出て行ったので「おいおい、こっちのはどうなってんだ?」と店内に入っていくと2つ袋が置いてある。

「できているならもって来くるか声かけるかしろよ!(^o^;)」

と思いつつ袋の番号を見ると、一品違ってるし!

その旨店主と思しき男性に告げると

「注文の入った品は全てそこに置いたので後は知らない」

といった感じなので一品持って撤収。

サポートにその旨告げ品物がない方はキャンセル。

おそらく2人入ってたうちの一人…バッグなし改造スクーターのアイツが間違って持っていったんだろうな…(偏見もしくは思い込み〜!(^o^;))

 

 

 

他人目線を考えてみよう…とあるホームセンターに物申す!

某ホームセンターにて。

結構前から壁に貼ってある掲示物。

「手前に薄汚いコードをだらし無く垂らしておいてもいいような掲示なら、剥がした方がいいんじゃ無いの…?
そもそも『しんせつ!』『ニコニコ!』とか自分で言ってるって…イタすぎないか⁉︎」

…っていうセンテンスが頭に浮かびました。

 

水分補給の強い味方…グーグルマップさん大活躍!

ウーバーイーツ配達における、8月のいわゆる繁忙期はあっという間に終了し、いわゆる閑散期にアッサリと突入した感が強く、メンタルの平静をキープするのが困難な程の鳴き(一般的に言うところの「鳴り」)の渋さ…

なので普段行かない綱島あたりのエリアに足を延ばしてみた。

ウーバーは相変わらず鳴きが悪い(いわゆる「鳴りが渋い」の意か?)ものの、ちょくちょくウォルトが「チンチンチンッ!」と鳴いてくれるのでメンタルをなんとか維持できた。

昼ピーク過ぎは流石にどちらもなきが鈍るのでショッピングモール内で待機。

この日はモール内のフードコートの店舗からのリクエストが多かったが、ウォルトのピック料金を後で確認してみたらゼロだった…確かにフードコートの近くにいたし、直線距離だと100メートルも無かったかもなので、まあそうなるわな。(^o^;)

さて普段来ない土地だと「水の補給可能な公園がどこにあるのか知らない問題」というのが発生してしまうワケですが、取り敢えず地図の緑色部分を拡大してみると学校だった。

大きな公園も見つかったが、現在地からだと山というか崖の上にある感じだったので却下。

少し闇雲に走ってみたが全く気配がないし、「適切な行動」とは思えないので取り敢えず停車。

さてどうしたものか、というところでひょっとして…とグーグルマップに

水飲み場

と一鳴きしてみたら

f:id:blogist:20220907220751j:image

でました〜!\(^o^)/


f:id:blogist:20220907220802j:image

最寄りの公園をチョイス…


f:id:blogist:20220907220817j:image

ありました!

それにチルドレンにオキュパイされていません!


f:id:blogist:20220907220828j:image

下向きの蛇口もあります!

(写り込んでいる自転車は私の配達用自転車ではありません)

f:id:blogist:20220907220844j:image

あ…ホースつなぐコネクタが付いてる…ちょっぴり残念…(個人の感想です…(^_^;))。

しかし背に腹はナントヤラ…なので構わず給水開始!

500mlペットボトル ×2を満タンにして公園をあとにしたのでした。

グーグルマップ、使えるなあ…

今度はトイレも探してみよう…!

 

 

暗号解読タイプのオートロック

出端からすみません!暗号というほどのことでも無いんですけどね…(^◇^;)

 

マンションやアパートなどの集合住宅で、アルファベットが混ざってるタイプの部屋番号ってのがたま〜にあるんですよね。

今回のターゲット(「ドロップ先」の意か?)が仮に「3B」だとして、

テンキーには0〜9までの数字と※と♯しか無い場合、あなたならどうしますか?

今回は分かりやすいところに「暗号解読表」がありました。

「3B」なら「302」と入力すれば良いんですね〜!

物件によってはこの様な「解読書」が

離れた場所にあったり、

他の掲示に混ざっていて分かり辛かったり、

ヤッツケでプリントアウトした様なヤツだったり、

無かったり(!)

するのです。

 

まあ大抵は「3B」→「302」のパターンだと思いますが、違ったら「3B」→「32」でやってみて、はじかれたらもう注文者に確認するのがベター、ですかね〜。

 

…それにしても

集合玄関機の呼出操作

ってフレーズ、まず見ないよな…( ̄▽ ̄;)

 

セキセイインコの思い出

最近読んだ本、っつーか漫画。

左の方、インコ飼う話なんだけど、

インコ飼ってた、子どもの頃のことを思い出しました。

セキセイインコでしたが、

親鳥がアルビノ(白一色)と
ルチノー(黄一色)で…

子は全て黄一色…

ただし皆、ホッペに白のワンポイントが入っていました。

孵った6羽中、成鳥まで成長したのが4羽。

そのうち手乗りになったのが2羽。

一羽は「ピッピ」。
シュッとしてカッコよく、クールな優等生の長男、って感じ。(実際も長男)

もう一羽は「ララ」。
毛並みも性格もヤンチャな次男坊みたいな感じ。(実際も次男)

どちらもセキセイインコとしては長寿で、10年以上生きました。

…なんていう忘れかけていたことを思い出してなんだか懐かしい気持ちになりましたとさ。

【20160910 FBUG】

階段と言うよりむしろ壁、GoogleMapsの仕打ち。

とあるドロップ先へ向かう途中、

GoogleMapsさんの指し示す方角に向かっていったら、身の危険を感じるような光景が。

道無いじゃん!(^◇^;)

なんとか回避ルート探して上の道まで上がる事ができた。

さっきの「壁」を上から見ると…

ギリッギリ階段ではあるのね!

しかしスロープは皆無。

そもそもこの傾斜ではスロープがあったところで自転車、しかもこちとら電動アシストなもんで、通行は現実的に不可能ですね。

 

GoogleMapsさん!こういうルートに自転車を誘うの、やめてもらえませんか⁉︎

…おそらく衛星写真をもとにAIがルート計算していて、先にリリースされていた「徒歩ルート」をもとにしてるから、とかですかね…

(−_−;)

で、こんな「限界階段」があるような地域なのでこの後も

急勾配が続いていたのでした…!

 

部屋番号法則の思い込みに喝!

とあるドロップにて。

注文者メモをチラ見。

「512」という数字を見て

「5階か…正直ダルいな…」と思ったものの

よくよくメモを見てみると

f:id:blogist:20220905223837j:image

1階…?どういう法則になってるの?

よくよく考えてみたら

「5」号棟の「1」階の「2」号室

…ってことなんですね〜!

こういうアハ体験はウエルカム〜♪

(毎回だとちょっとダルいかも…)

(^_^;)