50歳からのウーバーイーツ配達員

あなたは50歳以上ですか? はい/いいえ 

水分補給地紹介…有馬北耕地公園

夏のフードデリバリー稼働は水分補給が重要。

500mlのペットボトルに麦茶(を水で薄めたヤツ)を詰めたのを2本持って出掛けますが、まあ途中で飲み干してしまうワケで、水飲み場のある公園などにピットインして補給するのが常、となっております。

買わないのかって?まあいよいよ公園が見つからないとか、やっと見つけた水飲み場が子供たちにオキュパイされたいたりだとかの場合は最悪購入する事もありますが、自販機やコンビニは最終手段!スーパーやミニスーパープライベートブランドをチョイスすれば100円でお釣りが来ます。実際は電子決済なのでお釣りとかそういう概念自体在りませんから!…というのはまた別のお話。


さて今回ご紹介するのは、鷺沼駅と246沿いのマックドを結ぶ中間地点辺りの

有馬北耕地公園」

という小さな公園…の、水飲み場です。

https://goo.gl/maps/GD63GiMcTdP7bqUL6

〒216-0003 神奈川県川崎市宮前区有馬1丁目21−3


洒落っ気とかそういうの、一切ナシ!

剥き出し…では無いけど単管パイプのみで保護された水道管は、夏の日射しをシッカリと吸収するので、蛇口を捻ってから暫くは温水を楽しむことができるという…!( ̄▽ ̄;)


その後いつもの儀式…先ず自分の手を洗い、それから両手で水を掬ってどこの馬のホネが触ったかわからない蛇口に何度もかけて清める…を行ってるうちに冷たくなってくるので水筒(ペットボトルですが、それが何か⁉︎)を軽く濯いでから水を充填。


ふと水の流れ落ちていくグレーチングの中を覗き込んでみると…

ペットボトルのフタが!

なるほど…ここでウッカリ落としてしまう事例が多数発生しているのですね。

フタをシッカリと握り、用が済んだら直ぐに退避。

同じ轍を踏まずにすみました〜♪


ちなみに公園自体はこじんまりとしていて、まあ言って仕舞えば『せまい』のですが…

ブランコ、滑り台、砂場、ベンチ、そして水飲み場を完備。