50歳からのウーバーイーツ配達員

あなたは50歳以上ですか? はい/いいえ 

数年ぶりのマクドナルド利用からの初モバイルオーダー店内座席受け取り!

この日はフードデリバリーのピックアップではなく、カフェ的な利用目的でマックドを利用してみました。

…実は前日の夜にもこの同じ場所で画面を見ていたのですが、その時はピックアップ待ちだったので…ちょっと不思議な感じがします。

コーヒーとチーズバーガーをオーダー。画面に自分の番号が表示され、「ウーバーでっす!」と間違えて名乗りを上げてしまわないように細心の注意を払って…

無事ピックアップ…ではなく単なる「来店客の受け取り」完了。

この日は「ノマドワーカー的にカフェでブログを書いてみる」というテーマだったので落ち着いて作業の出来そうな席を探したものの…

そういった席はすでに先客によってオキュパイ済み…そりゃそうか。

とりあえずあいていた中の島のような席の端っこキープ。

バーカウンターのように座面が高く、正面の衝立は透明で落ち着かない~!

しかも謎の表示「220モバイルオーダー」

果たしてこの席は使っていいのか?

いい感じでタイプしていたら

「ちょっとここ、私の席ですけど⁉」

って声がして振り向いたら「220モバイルオーダー」さんが怒りにプルプル震えながらこっちを睨んでいる…とか、そんな事態は避けたところ。

一応フロアのスタッフさんに「220モバイルオーダー」について尋ねてみたら説明してくれたのですが…

ちょっと初心者にはハードルが高いようでよく意味が分かりませんでした。

とはいえこの席を使っていても「問題ナシ」という事は理解できたので、そのまま利用継続。

最初はなんとも落ち着かず、「こんな環境で作業できるか~!」という感じだったが

Bluetoothキーボード&マウスをセットしてとりあえず始めてしまうと…

だんだんと馴れてきて捗る(はかどる)捗る~!

 

しばらくいい感じに作業をすすめていると最初に買ったチーズバーガーがすべて胃の中に移動してしまい、やや口寂しい感じに。

 

すると不思議なことに、先ほどほぼ理解できなかった「モバイルオーダー」の大まかな仕組みがいきなり飲み込めたのです!

「つまり、セルフサービスの飲食店で席までフードを運んでもらえるってことね!」

支払いはどうやって…代引き?

調べてみるとクレジットカードなどでもできるようだったが、

まずはお友達から、という感じで「バーコード決済」を連携。

そして当初はミステリーナンバーだった「220」を入力し、発注!

「T」は「Table」の「T」?さあ歌いましょう~♪

果たして本当に席まで運んでくれるのか?

待つこと十数分(体感)…

きたー!

…やがてナゲットもコーヒーも消滅して集中力が切れて来た頃、パーテーションの向かいにマスク美人が着席。そして飲食店なもんだからマスク・オフ。中も美人だった~♪

…いや、完全に集中切れてるな…そろそろ帰るか。

いろいろと新しい発見があって楽しかった。

それにしても街から人々の「顔」が消えて数年。普段飲食店を利用しないし、フードデリバリーのピックアップの時は「それどころではない」ので気づかなかったけど、

人々の「(マスクなしの)顔」を見たくなったら飲食店に来ればいいのですね。